お問い合わせはこちらから

福岡宅建協会の不動産情報ネット

ふれんずのインターネット検索で
マツウラの物件を探せます。

フラット35

消防ポンプ自動車制作事業

不動産マツウラのfacebook

このロゴは安心で信頼できるリフォーム業者の証です。 詳しくは上記ロゴをクリックするとご覧になれます。

 「まもりすまい保険・まもりすまいリフォーム保険届出事業者」です。 詳しくは上記ロゴをクリックするとご覧になれます。

消防設備点検

■施設オーナー様・管理者様へ

建物の所有者・管理者は、建物の用途・面積に応じた消防設備が
いつどんな時に火災が発生しても確実にその機能を発揮できるか
を定期点検し、消防長又は消防署長に報告する義務があります。
(消防法令第17条の3の2)

当社ではこの消防法に定められた建物の消防設備が、より最適な
状態で稼働するように、設備専門の技術者が設計から施工まで行
います。施工した消防設備がいかなる状態においても完璧に稼働
するよう、お客様とのご契約に基づき消防設備士(国家資格者)が
定期的に保守点検を行い、お客様の資産をお守りいたします。

点検から報告書作成・設備改修工事などすべてお任せください。

■点検業務内容

消防設備点検

消防設備は災害時に、その機能を発揮できなければなりません。その為、消防法では定期的に設置した消防設備の点検を義務づけています。

防火対象物点検

多数の人が出入りする防火対象物について、建物の管理者が、火災予防のために資格者による定期点検を行ない、その結果を消防機関へ報告する制度です。

防災設備の設計・施工

新しく建物を建てる方(ビル、マンション、工場など)、消防署から指導を受けた方など、状況に応じて必要な防災設備設計を行います。

■点検業務の流れ

保守点検契約

物件ごとの情報、また細やかなご都合・ご要望を確認させていただき、
お客様情報としてご登録させていただきます。

事前調査(御打合せ)

建物の規模により設置されている消防設備等の事前調査を実施し、
点検作業の日程調整・点検項目の確認をおこないます。

点検作業の実施

消防法改正の防火対象物定期点検制度に準じた消防設備点検の実施
●機器点検(6ヶ月に1回以上)
●総合点検(1年に1回以上)
消防設備士が年2回(機器点検+総合点検)の点検をおこないます。

点検結果報告書の作成

消防設備点検結果報告書(消防庁指定様式)に点検した結果を記入します。
毎回の結果をデーターベース化することにより、建物の不良箇所の判断、
今後の改修工事の予定等に役立てます。

報告書提出

消防本部のある市町村は消防長又は消防署長、消防本部のない市町村は市町村長へ提出します。
●特定防火対象物   (1年に1回)
●非特定防火対象物  (3年に1回)
同様の書類をお客様にも提出いたします

その他

◇防火対象物の点検
◇消防訓練のお手伝い
・消火訓練(訓練用消火器の貸し出し等)
・通報・避難訓練(消防設備の取り扱い説明)
◇消防計画書の作成代行(書類作成代行)

■Q&A

消防署から査察が入った が、何をすれば良いかわからない。

建物の消防設備の点検には「消防用設備等点検」「防火対象物点検」があります。建物の種類によって消防用設備等点検と防火対象物点検の2つを行わなければならない場合があります。

現在の消防設備点検業者に不満 がある。

スピーディーに対応してくれない、見積内容が不明瞭でアバウトなど、現在の点検にご不満がある方。マツウラはお客様に寄り添った対応を心がけております。貴社のニーズに合わせて迅速な対応、コストの相談にもお応えいたします。

所有している管理物件に消防設備点検が必要か どうか分からない。

消防法は、大きな防災事故などが起こると改正されています。消防法を遵守した正確な消防設備点検を実施するには、業界・法令の最新情報にアンテナを張り法改正などに合わせて、的確な対応がとれることが必須条件です。また、消防点検は法令書類の作成、消防署への書類提出、また不備が有った場合の工事などを行ってこそ、消防法に則った点検を実施したことになるのです。トータルでサポートできるマツウラにご連絡下さい。

消防設備の点検 について詳しく知りたい。

消防用設備等点検は、防火対象物に義務づけられており、消火器、火災報知受信機、屋内消火栓、避難設備、誘導灯などの設備点検を行います。いわゆる一般的な「消防設備点検」がこれにあたります。また、「防火対象物点検」とは、年に1回、総務大臣所轄の登録を受けた有資格者(防火対象物点検資格者)による点検と報告です。消防用設備等点検がハード面の点検であるのに対して、防火対象物点検では応急措置、救援救護、避難誘導などの防火管理体制の点検を行います。

火災時の避難経路 がきちんと確保されているか心配だ。

火災や地震といった災害が発生した場合など、安全に避難させなければいけないケースはいくつかあります。頻繁に発生する事態ではありませんが、もしもに備えておく必要はあります。マツウラでは、避難経路も点検し、また避難訓練等のお手伝いも行います。施設が備えている消防設備機器の使い方を説明したり、総合防災訓練の支援も実施しております。

自社点検・自社施工のマツウラなら
建物オーナー様・管理者様の
そんなお悩みにお応えいたします。

お電話でのお問い合わせ

tel : 0944-73-3964

お問合せフォームはこちら